2018年1月19日金曜日

神田美土代町「四川一貫」で、野菜が高騰する中、広東麺をあたま大で


 四川一貫の広東麺。麺少なめ硬めで、あたま大(具が多め)。醤油ベースのスープはすっきりしてあるのだが、あんが結構こくのある味付けで、四川一貫の麺類では、一番重厚かと。それでも、よそよりはあっさりしているけどね。
 昨今の野菜の高騰ゆえ、特に白菜を使う広東麺はコスト高で大変だろうなって思う。あたま大の100円増しも、申し訳ないっす。

2018年1月18日木曜日

千歳烏山「わが家」で、三浦産の首折れさばを、〆て食べる


 三浦産の首折れさばを〆て、半身を夕食のあてで、半分は、炙りに。もう半身が時間差で少し深めに〆て、週末ね。今日は、つまに、さらし玉ねぎとかいわれ。玉ねぎ、いいわ〜。残った半身は、寿司でも良いかもね。いいや、オリーブオイルと合わせる? 楽しみ。


 そんで、〆の〆に、栗ごはん。秋に収穫したやつを下ごしらえしたのが、田舎の知り合いから送ってもらってあって、これが、重宝なのですわ。普通の水加減に、栗を加えて、塩少々、あと昆布ね。

神田美土代町「四川一貫」で、後半に花椒ががつんと効いた麻婆坦々麺


 四川一貫で麻婆坦々麺。まー、よく同じものをとも思うのだが、美味しいから仕方がない。添えられた花椒とねぎの香りが食欲をそそるのだが、花椒については、麺やあんが少なくなる後半で、スープを口に含むと、がつんと効いてくるから面白い。熱が加わることで、香りが立つんだろうね。

2018年1月17日水曜日

神田美土代町「四川一貫」で、ごろんとした感じの麻婆豆腐


 到着したときには、すでにほぼ満員も、ちょい待ちで一番奥の席へ。そして、麻婆豆腐定食。今日は、豆腐がごろんとした感じ。はふはふ言いながら食べ進む。合間に、ザーサイとスープ。スープ美味いわ~、じんわり染みる。久しぶりに四川一貫のコーンスープが飲みたくなったぞ。

2018年1月16日火曜日

神田美土代町「四川一貫」で、この店のオリジナル料理、坦々麺


 ゆるく賑わう四川一貫の昼時。今日は、今週のサービス坦々麺650円。醤油ベースの澄んだスープにきゃべつとひき肉のピリ辛あん、先代が店を開くときに考案した、この店の完全オリジナルである。これと麻婆麺を掛け合わせたのが、麻婆坦々麺で、そっちを食べることの方が多いのだが、やはり、この店の一杯と言えば、これだね。こしょうを多めにいれるのが、好みです。

2018年1月15日月曜日

神田美土代町「四川一貫」で、今年最初の夜の宴


 やっぱルックスがカッコいい、四川一貫の陳麻婆豆腐。辛めで花椒多めね。後には、パンが見えているでは。
 他にもいろいろ食べたのですが、写真が、とっちらかっているので、あとは内緒。今回、麺に行きつかなかったし、次回ぜひに〜。駿河台近辺のファンの皆さん、そして、中目黒界隈、高円寺など、都内にお住まいの四川一貫サークルの皆さん、宴会しましょう!
 今年は、貸し切りやってみたいです。

神田美土代町「四川一貫」で、食後もすっきりな鶏肉とピーマンの味噌炒め


 四川一貫、今週の週替わりランチは、鶏肉とピーマンの味噌炒め750円也。シンプルな材料ながら、鶏肉とピーマンの好対照な食感が相乗効果を発揮して、美味しさ倍増。私はライス少なめでお願いしているが、おかずがたっぷりなので、満腹感はある。しかも味噌炒めと言いながら、ありがちなしつこさはなくて、食べ終えても、口元すっきり。四川一貫の料理は、どれもそうなんだけどね。
 さて、今日は、夜も四川一貫。ワインを持ち込んで、夜四川一貫新人、四川一貫新人と共に、ディナー。何を食べようかな~。

2018年1月14日日曜日

新宿「桂花ふぁんてん」で、相変わらず、うまいターロー


 今年の桂花初め。ターロー麺。いいね。何も変わらず。このレベルを維持するって大変だと思うけど。

2018年1月13日土曜日

千歳烏山「萬来軒」で、これ以上辛くしちゃだめとたしなめられての麻辣牛肉麺


 午前中に掃除を済ませて、千歳烏山まで買い物へ。昼食は、いろいろ思案した結果、思案するまでもなく、萬来軒へ。悩むまでもなく、麻辣牛肉麺。さっさと入ればいいじゃんね。
 牛のすね肉とアキレス腱の煮込みが添えられた辛くて痺れる麺。すばらしい。一緒に煮込んだごぼうとニンニクの芽が、また、いい仕事をする。
 この料理、麺、具材共に、ボリュームが凄いのだが、ぺろっと食べられてしまうから不思議。
 今日は、ちょっと辛めでお願いしたら、店のお母さんに「これ以上、辛くしちゃダメよ」とたしなめられるのも、この店のいいところ。

2018年1月12日金曜日

千歳烏山「榮じ」で、いつ食べてもほっとする上品な中華そば


 仕事がちょい遅くなり、ちとからまで戻って、駅南口の中華そばの榮じへ。煮干しとかつお節出汁の優しいスープは、いつ食べても、ほっとする味。軽い醤油の香りも良い。自家製麺は相変わらずキリッとしたエッジ、好きだわ。柳屋で仕入れる豚肉で作ったチャーシューは柔らかくも肉感があり満足度も十分。細目のめんま、ねぎに、のり。バランスも良し。そして何と600円。エビスの生350円と合わせても、1000円でおつりは、ちとからマジック。すっごくお薦めの店です。